あなたに向き合う医師がいます。

患者の数が増えている

うつ病患者は年々増えているので、疲れやすいや食欲不振などの状態があるときはうつ病の可能性が高いので早めに専門機関への受診が必要です。初期症状が出た時点で適切な治療をしていけば早く改善できます。

READ MORE

病気の発症

うつ病には突発的なものから慢性的なものまであり、人によってどの状態になるか分かりません。治療にかかる必要は治療内容にも異なっており、平均で1年から2年の間薬物療法を行なうとされています。

READ MORE

便利な制度

現在は便利なうつ病患者にとって便利な制度があり、この制度を利用することによって治療にかかる費用を減らすことができます。治療は長期に渡る場合が多いので、そのときは制度を活用する方が良いといえます。

READ MORE

状態を知る

ストレスからくるうつ病は心の風邪とも言われており、やる気が出ずに落ち込んでしまう傾向にあります。また人によってはイライラする人や不安感に襲われるなどの人もいます。精神的な症状だけではなく肩こりや頭痛などの身体的な症状も発生します。

READ MORE

診療を受ける

うつ症状について情報を提供するサイトがあります

日常生活の中で受ける様々なストレスが、時に体や心に大きな影響を与えていることがあります。このようなストレスが蓄積することで、うつ病を発症してしまうことも多いのです。そのため、現在うつの症状を自分でチェック出来るサービスが、インターネットのサイトなどに登場しています。このようなサービスは、メンタルヘルスを扱うサイトを探すことで比較的簡単に見つけることが可能です。こういったサイトでは、日頃の症状を項目ごとにチェックすることで、大凡の自分の状態を把握することが出来ます。導き出された結果をプリントアウトして、医療機関に直接持参することも出来るため、よりスムーズに診療が受けられるという利点もあるのです。

病気のサインに早目に気付くことが出来るのです

このようなサイトを利用してうつ症状を自分でチェックすることが出来れば、早目に病気のサインに気付くことが出来ます。そのため、現在こうしたうつについての情報を提供するサイトが人気を得ているのです。自己判断だけではない客観的な判断が多少なりとも出来ることで、医療機関を受診する際にも大きな手掛かりとなります。危険な症状を見逃さず、早目に対処することが可能となるため、自殺など最悪の事態を防ぐためにも大きな役割を担っているのです。このようなサイトは、現在様々な所でも紹介されるようになり、一人で悩まなくても良い安心感が得られるとして広く注目されています。自分で簡単な問診が出来るという点も人気の秘密と言えるでしょう。

うつ症状で周囲が気をつけること。

うつ症状の方は、頑張りすぎてストレスを溜め込んで起こる病気です。その人に「頑張って。」という励ましなどは、逆効果で悪化してしまいます。 なぜうつ病にになってしまったのかと、考えるのも良くないことです。 周りの人の支えが必要なのですが、その人のために何でもやってあげるのも良くないことです。行動や言動を批判したり、責めたり、叱ったりするのも良くない事です。 家族の行事ごとなどの話し合いは、みんなで話し合いたくさん話を聞いてあげることです。 いつもの生活を変えず、負担にならないよう、毎日をリラックスできるように過ごせることが大事です。 うつの症状は人それぞれです。しっかり原因を理解して、症状を和らげるようにしてあげる必要があります。

知っておいた方が良いこと。

うつ病の症状を理解して、支えになることが一番です。 仕事をしながら直せる病気ではないので、体をゆっくり休ませてあげてください。 特に睡眠は大事です。 「よく寝た」ではなくて、質の良い睡眠を得るために自然な睡眠のリズムを作ることが良いです。 リラックスできる時間も大切です。ゆっくりと深呼吸をしたり、お風呂のゆっくり入るもの良いです。軽くストレッチしたり、音楽を聴いたり、気分転換が大事です。 実際できることなど、うまくいっていることを見つけるのも良いです。 困ったときは誰かに相談するだけでも、気持ちが楽になります。 うつの症状を感じたら、早期に病院に行って診察してもらいのが肝心です。 本人も周りの人も、治療には忍耐が必要になってきます。 決して諦めない気持ちを大切にすることが必要です。

うつ病の診断とそのポイント

現在、我が国では100人のうち3人から7人という割合でうつ病の経験者がいます。 この疾患が増えている背景には様々な要因があります。 第一に、うつ病についての認識が広がって病院を受診する機会が増えている点です。次に、社会、経済的な背景から抑うつ状態の症状になる人が増えている点です。最後に、診断基準自体の範囲が広がっている点です。 また、うつ病と言っても色々なタイプがあります。 抑うつな気分や、気持ちが重い、といった抑うつ状態が1日中ある場合は、典型的な症状です。 こうした症状が長く続く場合、病院ではうつ病と診断される事が多いのですが、実際にはこれだけで診断するのは困難です。 また、これまでに躁状態の症状を経験した事がある方は双極性気分障害という診断をされる可能性もあります。

症状が続く

うつ病には人によって様々な種類がありますが、気分の落ち込みや気力がないときはうつ病の可能性があるので病院への受診が必要になります。また人によってはホルモンの関係で起こることもあります。

READ MORE